FC2ブログ

最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~

現在盛岡市に住んでいます。 各地の温泉巡り中心のブログです。

コスパ最高な温泉宿! 那須湯本温泉 新小松屋

前回のおおるり山荘から下って、こちらで宿泊しました。

DSC03016.jpg

那須湯本温泉 新小松屋です。

明治時代に創業し、現在のご夫婦で4代目なのだそうです。

木造の1階に客室はなく、客室はすべて2階となります。

さっそく内湯からレポしてみます。

DSC03032.jpg

源泉は共同浴場の鹿の湯から引き湯した、鹿の湯・行人の湯混合泉。泉質は単純酸性硫黄泉です。

鹿の湯から非常に近いため温泉タンクに約58℃で入ってくるそうです。

かなり新鮮な状態で投入されております。 典型的な硫黄泉でタマゴ味、タマゴ臭であります。

結構熱めで酸性が強いせいか、マイルドよりはビシビシ肌に差し込む感じがします。

フレッシュな証拠でしょうか。 たまらん硫黄泉です。

さてそれでは夕食を。

DSC03026.jpg

厚い豚肉ももちろん美味しかったのですが、やはり名河川「那珂川」の鮎は絶品でございました!!

何よりお米がとても美味しい!! いろいろな旅館に宿泊しておりますがここまでお米が美味しかった

記憶がある旅館は数件あるのみです。 

続いて朝食。温泉卵は絶品でした。 お米が美味しければそれで全てOK。シンプルながら美味しい朝食でした。

DSC03037.jpg

これで驚くのはお値段です。な、なんと一泊二食で7,000円(税込み)です。

また行きたくなってきましたよ!

地元専用の共同浴場が2軒あります。通常でしたら一般の外来者は利用できませんが民宿に宿泊すると

宿泊客も利用することができます。お宿に内湯が無い民宿はこちらを案内しているそうです。

普段は電子ロックされています。お宿からキーを借りて堂々と入浴。

こちらは多くは語りません。硫黄好きにはたまらん温泉ではあります。

まずは「河原の湯」から。

DSC03017.jpg

DSC03020.jpg

続いて「滝の湯」です。

DSC03038.jpg

DSC03031.jpg

地元民専用の共同浴場でありますので、もし入浴された際はマナーを守って入浴しましょう。

どちらも風情があり大満足な共同浴場でした。

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

  1. 2018/08/05(日) 17:43:52|
  2. 栃木の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

硫黄泉がドッバドバ!! 那須高雄温泉 おおるり山荘

大丸温泉旅館から少し降りてきてこちらへ。

DSC02997.jpg

那須高雄温泉 おおるり山荘です。

こちらでもまだ標高1,200メートルです。 高いですね。

おおるりグループは潰れたホテルを買収して格安ホテルにしてグループ化してきたのですが、

こちらは新築です。 格安で泊まれるみたいですね! 

しかしこちらは日帰りで訪問しました。

内湯もあるのですが、一緒に同行した仲間が露天が良いとのことで露天だけ訪問です。

DSC02991.jpg

DSC02993.jpg

DSC02992.jpg

男女入れ替え制です。 結構ぬるめの露天はいつまででも入っていられます。

湯口を見るとものすごい投入量。 湧出量は毎分1,000リットルだそうで。

泉質は含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉。(長いw)

結構マイルドな硫黄泉でありました。

霧で景色が見えないのが残念ですが、晴れておればとても気持ちが良いでしょうね!

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

  1. 2018/07/29(日) 17:46:13|
  2. 栃木の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まさに川のような豪快な露天風呂! 奥那須温泉 大丸温泉旅館

今回からは栃木県シリーズです。

DSC02964.jpg

まずは那須町から。奥那須温泉 大丸温泉旅館です。 有名なお宿ですね!

だいまるではなく「おおまる」と読みます。 福島県にある大丸あすなろ荘と間違えてしまいそうです。

こちらは那須町にある温泉の最奥にあります。 ここはいわゆる高級旅館に部類する旅館ではないでしょうか。

山奥にありますが、建物全体もとても豪華です。標高も1300メートルだそうです。

訪問した日も霧がすごかったです。 

日帰りも11時半から2時半までで1,000円と少し高めで入る時間も少ないですが、入る価値はありだと思います。

撮影禁止と書いてありましたが、従業員の方の同伴で許可を得ましたのでお風呂を撮影いたしました。

まずは内湯から。男湯は笹の湯と呼ばれております。

DSC02966.jpg

DSC02968.jpg

DSC02967.jpg

二つの浴槽があり、温度はどちらも同じだった気がします。

泉質は単純温泉です。香りもほとんど無く、味も若干の甘みしか感知できませんでした。

那須湯本は硫黄泉で、こちらは癖の無い単純泉で驚いてしまいました。

とにかく湯量は豊富で、ドンドンお湯が投入されていき、素晴らしい鮮度を誇ります。

いい湯ですね~。 メタケイ酸も豊富でシットリ系のお湯であります。

あとは名物の川露天へ。

DSC02969.jpg

DSC02981.jpg

DSC02986.jpg

とにかくここの旅館は湯量が豊富です。

まさにこの露天風呂は川であります。 混浴浴槽が三つあります。奥には女性専用の露天もあるみたいです。

川のようなダイナミックな露天風呂そしてフレッシュなお湯。一度は入る価値ありの温泉でしょうね!

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

  1. 2018/07/11(水) 21:15:30|
  2. 栃木の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こ、これはまさに「神の湯」!! 作並温泉 作並ホテル

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  1. 2018/06/30(土) 21:09:02|
  2. 宮城の温泉

山の中の伝説の秘湯! 鎌倉温泉

今回は蔵王町から。

DSC04097.jpg

DSC04106.jpg

DSC04105.jpg

鎌倉温泉です。

鎌倉権五郎景政が、夢の中で女神から教えられ、傷を治したと言う伝説の秘湯だそうで。

ここの雰囲気はまさに伝説。 タイムスリップしたかのような建物。

鄙び抜群です! 1000年近くの歴史があるみたいです。

それではお風呂へ。

DSC04102.jpg

DSC04099.jpg

DSC04101.jpg

DSC04100.jpg

結構立派なお風呂でちょっと拍子抜けしました。 これで木の浴槽だったら素晴らしいのになぁ。

温度が低いため、加温して循環しております。しかしながら塩素臭は無く、気持ちよく入浴できました。

あまり特徴のないお湯であります。

案内や分析表にもあるように冷鉱泉です。成分も少なく25度に満たないため残念ながら正式には温泉ではありません。

しかしアトピーや皮膚病に効果があるみたいで、温泉水も販売しております。

ここは宿泊で昔ながらの湯治の雰囲気を味わうのがおススメかもしれませんね。

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

  1. 2018/06/29(金) 21:56:14|
  2. 宮城の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ村ランキング参加中!

    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村