FC2ブログ

最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~

現在盛岡市に住んでいます。 各地の温泉巡り中心のブログです。掲載している写真は撮影許可を得たものか撮影禁止になる以前に撮影したものです。

本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ~さが旅館編~

下風呂温泉シリーズパート6!

DSC05236_201907282132545e7.jpg

さが旅館です。

こちらは大湯共同浴場の隣にあります。

旅館もとても温かい雰囲気。 冬のアンコウ料理にはこのお宿一押しだそうで。

ご主人はマグロや鮟鱇を解体できるほどの腕前で、捌けない魚は無いほどだとか。

こちらは日帰り入浴も積極的に受け付けております。

ではお風呂レポ。

DSC02501.jpg

大湯共同浴場の隣にも関わらず新湯系の源泉を引いております。

不思議ですね~。 

色は透明で下には糸くずのような白い湯の花が沢山!!

味は若干の塩味とタマゴ味。

浴感もとてもマイルドであります。 湯の花が舞うほどの新鮮なお湯は絶品でした。

絶品温泉と冬のアンコウ鍋を食べに泊まってみたい!

ふ~~本当に下風呂は全部泊まってみたいお宿ばかりで困ります(笑)

住 所  039-4501 青森県下北郡風間浦村下風呂24
電 話  0175-36-2214
日帰り入浴時刻 直接電話で問い合わせてください
浴室清掃時刻  10:00~12:00程度
日帰り料金   450円(又は湯めぐりシール)
源 泉  新湯(再)源泉を利用

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2019/08/04(日) 21:13:07|
  2. 青森の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ~かどや旅館編~

下風呂温泉シリーズパート5!

1shin-kadotk00.jpg

かどや旅館です。

猛暑の日本とは真逆の冬の外観から。 これで涼んでください(笑) 

老舗でその歴史は長く、明治13年以前の創業だそうです。

こちらも凄くアットホームで落ち着ける雰囲気の旅館です。

一泊二食付きで利用しました。

DSC02528.jpg

DSC02529.jpg

DSC02530.jpg

こちらはGWに泊まりましたので5月の料理です。

海タナゴの煮つけ、ウニ、アワビ、海鮮しゃぶしゃぶ、アナゴの煮つけetc・・・と海の幸満載!

これぞ下風呂クォリティ!! GW価格で確か12,000円程で泊まれたような。

コスパ最高ですよね!

朝ごはんはもちろん・・・。

DSC02532.jpg

安定のイカ刺しです! もうたまらん~~。

さてそれではお風呂へ。

DSC02516.jpg

こちらも新湯のお湯を引いております。

同じ新湯系でもお宿によってお湯が違ってますね~。笹濁りなお湯です。

なぜかこちらは酸味も無くマイルドな浴感。 これも下風呂温泉の不思議の一つです。

硫黄臭は強く香り、苦味タマゴ味といった感じですか。

泉質は新湯系の含硫黄-ナトリウム-塩化物泉です。

料理も絶品のかどや旅館にぜひ宿泊を!

住 所  039-4501 青森県下北郡風間浦村下風呂81
電 話  0175-36-2520 
日帰り入浴時刻 直接電話で問い合わせてください
浴室清掃時刻  9:00~12:00程度
日帰り料金   500円(又は湯めぐりシール)
源 泉  新湯(再)源泉を利用

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2019/08/02(金) 21:42:29|
  2. 青森の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ~つぼた旅館編~

下風呂温泉シリーズパート4!

DSC02512.jpg

つぼた旅館です。

場所は新湯共同浴場の隣にあります。

こちらも非常にアットホームなお宿。 こちらは一泊朝食付きで利用しました。

とても親切な女将さんは好印象です!

団体利用しましたが、色々気を使っていただき感謝しかありません!

まずはお風呂から。

DSC02507.jpg

新湯共同浴場の横にあるだけあってこちらは新湯利用です。

しかし共同浴場のように透明ではなく、濁ってますね。

檜浴槽への湯使いは素晴らしく、アッツアツで注がれております。

入浴の際はご注意を(笑) 

最後に朝食を。

111.jpg

朝食に下風呂温泉定番のイカ刺し。 もうたまりませんよ! ご飯のお代わり必死ですね!

下風呂は温泉もおススメですが、もちろん料理も抜群! どこのお宿でも外れなしかと。

住 所  039-4501 青森県下北郡風間浦村下風呂家ノ尻11
電 話  0175-36-2456
日帰り入浴時刻 直接電話で問い合わせてください
浴室清掃時刻  8:30~昼過ぎ
日帰り料金   400円(又は湯めぐりシール)
源 泉  新湯(再)源泉を利用

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2019/07/31(水) 22:36:46|
  2. 青森の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ~佐々木旅館編~

下風呂温泉シリーズパート3!

DSC06058.jpg

佐々木旅館です。

新湯共同浴場へ続く坂の途中にある小規模旅館です。

こちらもアットホームな雰囲気で落ち着きます。

DSC05246.jpg

まるほん旅館にもおりますが、こちらも看板猫ちゃんの「みぶちゃん」。

かわゆす~。 なんとペット連れ宿泊可だそうです。 詳しくはお問い合わせを!

さてお風呂へこちらも日帰りで利用させていただきました。

DSC06055.jpg

こじんまりした浴槽ですが、ヒバの香りがたまりません。

こちらは新湯系のお湯を引いております。

新湯独特の透明なお湯に酸味と出汁のような味もします。

きつくない硫黄臭もたまりません。 

泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物泉です。

とても素敵なヒバ浴槽を独り占め。 ぜひとも宿泊で味わいたいものです。

料理は下風呂温泉クオリティは間違いなしでしょう。

住 所  039-4501 青森県下北郡風間浦村下風呂81-6
電 話  0175-36-2525 
日帰り入浴時刻 直接電話で問い合わせてください
           (浴室が1つなので貸し切り利用となります。)
浴室清掃時刻  深夜のお客さんが入らない時間に清掃します。
日帰り料金   500円(又は湯めぐりシール)
源 泉  新湯源泉を利用

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2019/07/30(火) 21:11:17|
  2. 青森の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本州最北の極湯!下風呂温泉シリーズ~おおぎや旅館編~

下風呂温泉シリーズパート2!

また大湯系から。

DSC04461.jpg

おおぎや旅館です。

こちらは基本的に日帰り入浴不可ですが、湯めぐり手形でのみ入浴できます。

忙しい&お客さんがいる時間は断られる可能性がありますのでご注意ください。

建物は鉄筋コンクリートですが、中はアットホームな雰囲気。

こちらは入浴のみで利用しました。

DSC04443.jpg

大湯の白濁硫黄泉が湯量豊富にかけ流し。 もうたまりませんね。

こちらも酸味が強く、塩味もあります。

泉質は大湯の酸性・含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉です。

やはり下風呂の旅館はいずれも素晴らしい湯使いでありました。

住 所  039-4501 青森県下北郡風間浦村下風呂65
電 話  0175-36-2440
日帰り入浴時刻 直接電話で問い合わせてください
浴室清掃時刻  8:00から15:00程度
日帰り料金   現金入浴なし(湯めぐりシールのみ)
源 泉  大湯(再)源泉を利用

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2019/07/29(月) 23:08:52|
  2. 青森の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

下風呂温泉の歩き方

下風呂温泉の応援ページです。クリックお願いします!

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ村ランキング参加中!

    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村