FC2ブログ

最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~

現在盛岡市に住んでいます。 各地の温泉巡り中心のブログです。

コスパ最高な温泉宿! 那須湯本温泉 新小松屋

前回のおおるり山荘から下って、こちらで宿泊しました。

DSC03016.jpg

那須湯本温泉 新小松屋です。

明治時代に創業し、現在のご夫婦で4代目なのだそうです。

木造の1階に客室はなく、客室はすべて2階となります。

さっそく内湯からレポしてみます。

DSC03032.jpg

源泉は共同浴場の鹿の湯から引き湯した、鹿の湯・行人の湯混合泉。泉質は単純酸性硫黄泉です。

鹿の湯から非常に近いため温泉タンクに約58℃で入ってくるそうです。

かなり新鮮な状態で投入されております。 典型的な硫黄泉でタマゴ味、タマゴ臭であります。

結構熱めで酸性が強いせいか、マイルドよりはビシビシ肌に差し込む感じがします。

フレッシュな証拠でしょうか。 たまらん硫黄泉です。

さてそれでは夕食を。

DSC03026.jpg

厚い豚肉ももちろん美味しかったのですが、やはり名河川「那珂川」の鮎は絶品でございました!!

何よりお米がとても美味しい!! いろいろな旅館に宿泊しておりますがここまでお米が美味しかった

記憶がある旅館は数件あるのみです。 

続いて朝食。温泉卵は絶品でした。 お米が美味しければそれで全てOK。シンプルながら美味しい朝食でした。

DSC03037.jpg

これで驚くのはお値段です。な、なんと一泊二食で7,000円(税込み)です。

また行きたくなってきましたよ!

地元専用の共同浴場が2軒あります。通常でしたら一般の外来者は利用できませんが民宿に宿泊すると

宿泊客も利用することができます。お宿に内湯が無い民宿はこちらを案内しているそうです。

普段は電子ロックされています。お宿からキーを借りて堂々と入浴。

こちらは多くは語りません。硫黄好きにはたまらん温泉ではあります。

まずは「河原の湯」から。

DSC03017.jpg

DSC03020.jpg

続いて「滝の湯」です。

DSC03038.jpg

DSC03031.jpg

地元民専用の共同浴場でありますので、もし入浴された際はマナーを守って入浴しましょう。

どちらも風情があり大満足な共同浴場でした。
スポンサーサイト

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

  1. 2018/08/05(日) 17:43:52|
  2. 栃木の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<表面パリパリの冷鉱泉。 柳沢鉱泉 清水屋 | ホーム | 硫黄泉がドッバドバ!! 那須高雄温泉 おおるり山荘>>

コメント

何とも懐かしいレポだこと。

寝かせ過ぎだろ!www
  1. 2018/08/06(月) 22:56:28 |
  2. URL |
  3. ぜんちゃん@温泉流離人 #-
  4. [ 編集 ]

>ぜんちゃん@温泉流離人さん

もっと寝かせている画像あるぜww

勘弁してww
  1. 2018/08/14(火) 10:15:40 |
  2. URL |
  3. ぬま #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gundamsentinel.blog100.fc2.com/tb.php/560-bdccb42c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ村ランキング参加中!

    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村