最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~

現在盛岡市に住んでいます。 各地の温泉巡り中心のブログです。

濃厚湯を持つ巨大な湯治施設! 鳴子温泉 農民の家 

みちのく紅葉シリーズも今回で終わり。またまた鳴子から。

鳴子温泉 農民の家です。 

DSC05899.jpg

巨大な施設です。農民の家だけあって、農協が経営しております。

もちろん組合員じゃ無くても宿泊&日帰りOK! 組合員だと安く泊まれます。

岩手県の組合員でも安く泊まれるのかな~?無理か・・・。
 
稲刈りが終わると疲れをいやしに長期滞在するんですね~。これがいわゆる「湯治」です。

冬の厳しい時期は農作物が作れませんから。 この東北の湯治文化がとても好きですし、

東北人としてはやっぱり心と体に染みる温泉なんですよ。

しかしここのお湯も相当パンチあります!

DSC05897.jpg

泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉です。

味も若干の塩味と苦味が混じって、とにかくまずいですww ガツンとした硫黄臭もたまりません。

しかし良薬口に苦しでしょうか、飲まなくても入浴で効果抜群でしょう。

こりゃ相当パンチある湯ですよ。長湯は厳禁ですね!

この混浴硫黄泉のほかに、男女別のやすらぎの湯、桧の湯もあります。

凄いのはそれぞれ源泉が違うんですね~。 おそるべし鳴子&農民の家!

最後にこちらの名物「炭酸泉」へ。

DSC05895.jpg

こちらも混浴であります。 きれいなご婦人が入ってこられてビックリしましたよ。

こんな小さな浴槽にみんなギュウギュウで入っておりますw

泉質は単純温泉で27度ほどのぬる湯というよりは冷たいお風呂。

単純温泉ながら二酸化炭素の存在ははっきり分かるものでした。

金気臭と泡つきが見られます。 味も若干の鉄味。こりゃ~いいですね!

冬には農家の父さん、母さんで混雑必死なんだろうな~。

以上 巨大な湯治施設のレポでした。

スポンサーサイト
  1. 2016/10/31(月) 23:48:30|
  2. 宮城の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<長野のグリーンな名湯! 熊の湯温泉 熊の湯ホテル | ホーム | コテコテ析出物の隠れた名湯。 鳴子温泉 村本旅館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gundamsentinel.blog100.fc2.com/tb.php/358-2ffec741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ村ランキング参加中!

    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村