最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~

現在盛岡市に住んでいます。 各地の温泉巡り中心のブログです。

岩手を代表する宮沢賢治も愛した温泉。 大沢温泉

今年最後のブログです。

最後はやはり地元岩手の温泉ですね!

DSC01184.jpg

大沢温泉です。

宮沢賢治や高村光太郎も愛した、歴史ある温泉です。

この風格をみても良さが伝わってくるでしょう。こちらは自炊部入口です。

日帰りの方もこちらで受け付けとなります。あと山水閣、菊水館と三つの旅館部で構成されています。

山水閣は高級旅館部であり、私も泊まったことがありません(汗)

さっそく内部を探索。

DSC01171.jpg

こちらがミシミシとなる自炊部(笑) この風情たまんないっすね! 

DSC01170.jpg

こちらがお食事処「やはぎ」です。 

正直、ラーメンからそば、天ぷら等すべて美味いです!!

非常にクオリティの高いお食事処になります。全てがオススメです。

日帰り入浴の際は、ぜひご賞味ください!

DSC01172.jpg

こちらが茅葺の菊水館のなります。 

水車とかあり、現代からタイムスリップできますね!

さあ、名物露天風呂の「大沢の湯」へ。

DSC01180.jpg

DSC01182.jpg

こちらは混浴ですが、丸見えの露天なので正直女性にはつらいかも。

しかしながらお湯は絶品。アルカリ性単純温泉です。

肌にやさしく、まさに美肌の湯。ちょっとツルツルするお湯はとても心地いいですよ!

湯の花も舞っています。 MTMMなお湯で湯あがりサッパリ。

最高ですよ。

IMGP0441.jpg

こちらが菊水館の内湯「南部の湯」。

鮮度はこちらが一番かも知れません。 

下から湧き出すようなお湯づかいは素晴らしいです

DSC01183.jpg

そして自炊部の内湯、「薬師の湯」。昔ながらのタイル使いが素敵です。

古びた内装もGoodですね。このほかに、山水閣へ宿泊した人のみが入浴できる「山水の湯」

山水閣にある「豊沢の湯」(日帰り可)と女性専用露天「かわべの湯」があります。

さあ、最後に雪見露天です。

DSC02240.jpg

みなさまも冬の東北は寒いですが、雪見露天も風情があります。

来年も東北へいらしてくださいね!
スポンサーサイト
  1. 2014/12/31(水) 19:19:34|
  2. 岩手の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<鄙び共同浴場はまさに「聖地」 村之湯温泉 | ホーム | 多種多様なおふろです! 鷹の湯温泉>>

コメント

あけましておめでとうおめでとうございます( ´ ▽ ` )ノ
今年も宜しくお願いします。

大沢温泉は10年前に宿泊したっきりですよ。
女性用の露天が出来たんですね!
大分変わった様子なので春になったら偵察に行きたいところです!
  1. 2015/01/03(土) 14:48:47 |
  2. URL |
  3. いちこ #XXwurHXs
  4. [ 編集 ]

>いちこさん

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

女性用露天のかわべの湯も結構いいみたいですよ!

またオフ会等でお会いしましょう。

  1. 2015/01/04(日) 14:20:20 |
  2. URL |
  3. ぬま #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gundamsentinel.blog100.fc2.com/tb.php/236-4942aca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ村ランキング参加中!

    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村