最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~

現在盛岡市に住んでいます。 各地の温泉巡り中心のブログです。

立派な外見にだまされちゃいけません!! 鶴居村温泉 HOTEL TAITO

またまた鶴居村より。

DSC04746.jpg

鶴居村温泉 HOTEL TAITOです。

DSC04745.jpg

DSC04744.jpg

しかし立派な施設ですね~。 都市部ではまず外れな湯づかいの外見ですが、さすがの北海道。

違うんです!ではお風呂へ。

DSC04739.jpg

浴室&浴槽も立派ですが。

DSC04741.jpg

ここのお湯。素晴らしいですね!色の通りモール臭がプンプンです。

泡付きもありますし、ヌルツル感も抜群! 

泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉であります。 PHも9.1あります。

民宿つるいとのお湯とも違う浴感で、こちらの方が重曹が多い分ぬるつる感が強いですね!

比較して申し訳ないのですが、こちらの方が自分は好みでありました。

こちらは露天もあります。 

DSC04742.jpg

二つ浴槽がありましたが、一つは入浴者がいたため、こちらの樽風呂へ。

ぬるめの設定がまたたまりませんな! とにかく極湯モール泉の嵐の道東でここは一押しです。


スポンサーサイト
  1. 2017/05/26(金) 22:29:03|
  2. 北海道の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミルクタンクのモール泉! 湿原温泉 民宿つるい

帯広からさらに東へ。鶴居村まで来ました。

DSC04725.jpg

湿原温泉 民宿つるいです。

ここ、民宿なのにいい温泉があるんですね~。 こちらは日帰り利用でしたのでさっそくお風呂へ。

DSC04729.jpg

DSC04730.jpg

ステンレスのミルクタンクへ適温のモール泉がじゃんじゃんかけ流されていきます。

泉質はナトリウム-塩化物泉です。 臭いは当然モール臭で、ぬるつるした浴感もあります。

食塩泉ですので、若干の塩味も感知できました。

DSC04734.jpg

カランもこの通り源泉であります。

露天風呂もありましたよ。

DSC04732.jpg

いや~どの浴槽もフレッシュですな! しかも全部ミルクタンクってのがまさに北海道。

道東はモール天国ですよ、本当に。でも帯広と違って食塩泉ですので、汗が止まりません。

DSC04726.jpg

分析所撮ったが数値撮り忘れ。 総量4,000mm程度だそうです。

北海道ならではのミルクタンクをぜひ! 宿泊もお得みたいですよ。
  1. 2017/05/24(水) 21:20:12|
  2. 北海道の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まさにここはローマ!? 帯広温泉 ローマノ福の湯

またもや帯広市です。

ここからはモール天国が続きますね!

DSC04717.jpg

DSC04718.jpg

帯広温泉 ローマノ福の湯です。

こちらも前回のアサヒ湯と同じく温泉銭湯であります。

しかしこのB級感がたまりませんな! ローマノとありますが、なぜ「ノ」がカタカナなのか・・・(謎)

まあ、銭湯ですからさっそくお風呂ですぜ~。

DSC04720.jpg

アサヒ湯よりも濃い黒色ですね~。 アワアワはアサヒ湯の方が上ですが、しかしながらこちらも泡付きは凄いもの。

泉質もアルカリ性単純温泉で、やはりこちらも湯口は硫黄臭&モール臭であります。 

DSC04722.jpg

湯量がとにかく豊富ですね~。ドバドバ出ておりました。お湯のフレッシュさは本当に良い!

こちらも極上湯ですね~。帯広市民が少し羨ましくなりました。

でも寒いのはいや(^_^;) こちらもオススメの温泉銭湯の一つです。
  1. 2017/05/22(月) 21:49:57|
  2. 北海道の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アワアワ強烈なモール泉! 帯広温泉 アサヒ湯

長万部から東へ。 今回からは道東編でございます。

一緒に遊んでくださったS夫妻には多大なる感謝申し上げます。

ということで帯広市から。

DSC04713.jpg

帯広温泉 アサヒ湯です。

本当にここも行ってみたい温泉のひとつでありました。 

2007年にリニューアルしており、立派な銭湯になっておりました。

温泉マニアから超絶怒涛の支持を得ているうわさのアワアワ湯!

楽しみでなりません!ではお風呂へ。

DSC04705.jpg

モール系の香りのほかに若干のタマゴ臭がします。 浴槽の中から注がせているのが良いのでしょう。

湯量も豊富ですね~。そしてアワアワが凄いです。 

泡がすごくてピントが合わないのですが、何とか撮れました。

DSC04703.jpg

まさに新鮮そのものですね! ヌルツル感もあります。

アルカリ性単純温泉であり、あがった後もサッパリですが、汗は止まりませんよ!

ここのモール泉は間違いなく極湯でした! 言葉では伝えきれないお湯です。

マニアなら行くべきお湯でしょう。あ~行けて良かったです\(^o^)/
  1. 2017/05/20(土) 20:48:59|
  2. 北海道の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巨大な石灰華ドームは圧巻! 二股らぢうむ温泉

今回も長万部町からレポっす。

DSC00116.jpg

二股らぢうむ温泉です。

ここは訪問してみたいなぁ~と思っていた宿の一つでもあります。

宿泊が一泊二食で8,000円ちょっとで安かったので泊まりました!

日帰りだと1,000円なんですね・・・。

建物は立派ですが、湯治場の雰囲気はありますね~。

宿泊した日もこの湯目当てのお客さんで一杯でした。 観光と言うよりはみなさま真剣に湯に浸かっている感じがします。

朝食と夕食は写真撮影しませんでした。というか、給食みたいに配膳されてて写真撮る気も失せました。

いわゆる療養食って奴でしょうか? 体には(特にメタボな私には)とても良いでしょうね!

ということで、お風呂をドドーンとレポします!まずは内湯二つから。

DSC00118.jpg

DSC00122.jpg

析出物もすごいですね~。泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉です。

分かりづらいかもしれませんが、湯面に膜が張っています。

もちろん加水・加温無のかけ流し。

カルシウム分も相当多いのがわかりますね! 土類と石膏の臭いプンプンです!

DSC00125.jpg

そして圧巻なのがこの温泉プール。 10mはありますね~すごく広いです。

そして露天風呂です!

DSC00128.jpg

こちらが奥の寝湯です。ぬるめでジックリ浸かれる温度ですね。

こちらでボケーっと岩を眺めておりました(^^ゞ

DSC00133_201704052223318ad.jpg

手前は適温でありました。

DSC00127.jpg

そしてこちらが天然記念物の石灰華ドーム! 圧巻ですな!

皆様もこちらで温泉療養いかがでしょうか。
  1. 2017/05/18(木) 20:20:13|
  2. 北海道の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

ぬま

Author:ぬま
岩手県盛岡市在住。
盛岡の会社に勤務。
血液型A型。 おうし座。
好きな食べ物
麺類全般・魚・肉・酸っぱい系
嫌いな食べ物 
あんこ・チョコ等甘いもの
趣味
競馬・釣り・温泉めぐり・食べ歩きetc....
好きな温泉
MT芒硝、緑の硫黄泉、炭酸泉、ヌル湯。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する