最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~

現在盛岡市に住んでいます。 各地の温泉巡り中心のブログです。

ドバドバ&シュワシュワ炭酸泉! 下島温泉 ひめしゃがの湯

今回の岐阜レポは濁河温泉を後にして立ち寄った下島温泉 ひめしゃがの湯です。今年最後の記事アップです。

DSC06186.jpg

いわゆるセンター施設系の日帰り温泉であります。

こちらは撮影禁止ですが、平日でほぼ独占状態でしたので許可を得ることができましたよ。

さっそく源泉風呂からレッツゴー!

DSC06183.jpg

うひょ! 冷た~い! 

そりゃそうです。源泉24度ですもん。 泉質は含鉄(Ⅱ)-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉です。

飲泉所がありましたので飲んでみたら「マズイ!!」

強烈な鉄味と硫黄味ミックスでとても飲めたもんじゃありませんでしたよ。

まぁその分お湯は効果抜群でしょ!

DSC06182.jpg

こちらが温かい浴槽。 皆様こちらで温まってくださいww

こちらは適温でした。泉質もナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉であり、違う源泉のようですね。

しかし! 驚いたのは露天風呂でした。

DSC06180.jpg

左側にちょっとだけ見えていると思いますが、水道水の適温浴槽が。

その隣になんと源泉浴槽!もちろん冷た~い!! これにはおったまげました。 

しかも超フレッシュ!

DSC06181.jpg

むせかえる炭酸とともにゴーゴー湯が注がれています。

こりゃ~たまらんぜ~。冬はもちろん入れないだろうな・・・。

加温湯は入っても誰も源泉露天風呂には入っていませんでしたがww

入ってきたおっさんもビビってましたよ(^_^;)

炭酸好きには超おススメな一湯でありました。大満足(^^ゞ

これで岐阜レポも終わりです。

今日は大みそか。皆様大変お世話になりました。良い年をお迎えくださいませ。

来年は北海道レポ、長野レポからスタート予定です!
スポンサーサイト
  1. 2016/12/31(土) 19:42:08|
  2. 岐阜の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

立派な施設に温泉が! 濁河温泉 高原スポーツレクリエーションセンター

今回も濁河温泉から。 高原スポーツレクリエーションセンターです。

DSC06179.jpg

前回のお宿から時間があったので、もう一湯入りたいな~と思ったらおりました。

立派な施設ですよw 日本で2ヶ所しかない 文部科学省指定の高地トレーニング強化拠点施設でもあります。

しかしここも温泉があるとの情報で突入しました。

受付で温泉に入りたいと言うと、不思議な顔をしておりましたがね。

そりゃースポーツする施設で温泉だけ入りにくるのはマニアくらいなものでしょう。

というわけでお風呂へ。

DSC06178.jpg

施設は立派ですがもちろんかけ流しであります。

湯量もあり、熱めな設定です。 登山やトレーニングした後の温泉としては贅沢ともいえるかもしれません。

ここでのスポーツ合宿はおススメです! もちろん温泉も。

  1. 2016/12/29(木) 20:26:06|
  2. 岐阜の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

噴出す温泉が圧観! 濁河温泉 ひゅって森の仲間

まだまだ岐阜レポです。 前回に続き濁河温泉からひゅって森の仲間です。

DSC06174.jpg

おもしろい名前の宿ですね~。温泉仲間からのススメで寄ってみました。

ちなみに「ひゅって」とは山小屋の意味です。

そりゃ~ここは本当に山のど真ん中だもんな・・・。さっそくお風呂です。

DSC06173.jpg

その前に露天から見えますが、温泉がドンドン湧き出しています。 こりゃ~凄い!

DSC06171.jpg

内湯に入りましたが熱い! 46~7度はあったでしょう。

真っ赤になりましたよ。 さすが湧きたての新鮮な温泉!

泉質はナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉です。

前回の市営露天と同じ感じですね~。

土類系+金気臭でキシキシ感あり。 

DSC06172.jpg

内湯は長湯できなかったので露天へ逃げました。

内湯からの捨て湯でしたが、こちらはちょうどよい感じ。

源泉もすぐそこ!素敵な山小屋でしたね! 
  1. 2016/12/23(金) 23:55:23|
  2. 岐阜の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山の中にある市営共同浴場   濁河温泉 共同浴場

今回も岐阜レポ。 下呂市小坂町から濁河温泉 共同浴場です。

DSC06170.jpg

しかしこの濁河温泉、遠いぜ(泣) 御嶽山の7合目にある温泉ですが、小坂から30分以上のクネクネ道!

しかもここの温泉街は冬季閉鎖しないんですね~。 この露天風呂は閉鎖するみたいです。

それではさっそくお風呂ですよ。

DSC06168.jpg

DSC06169.jpg

木の板で仕切られており、ぬるめと熱めが選択できます。

泉質はナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩温泉です。

土類系+金気臭ってとこでしょうか。けっこうキシキシ感のある温泉でした。

内湯が無く、露天のみですが開放感はバッチリ!

山の好きな人は訪れてみても損はないですよ。
  1. 2016/12/20(火) 21:59:17|
  2. 岐阜の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここの炭酸泉は強烈! 湯屋温泉 奥田屋

今回は奥飛騨からちょっと離れて下呂市小坂町にあります湯屋温泉 奥田屋です。

DSC06138.jpg

DSC06167.jpg

まずはこの外装にビビりました! な、なんかでてくるのか!?

ここまでの蔦もなかなかのもの。 凄~く楽しみです。

こちらは宿泊で利用しました。 

DSC06139.jpg

お部屋からはこの景色! 大洞川が一望できます。 

川のせせらぎがたまりません。マイナスイオンたっぷりです。

それではお風呂へGo!

DSC06141.jpg

手前が加温湯です。 15度の温泉なので加温しております。

泉質は含二酸化炭素-ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉です。

遊離二酸化炭素も1947mgあります。 なぜかすべすべする温泉なんです。

泉質からしてもっとキシキシするかと思ったのですが。

そしていよいよ奥の源泉浴槽へ!

DSC06144.jpg

DSC06146.jpg

湯口の動画も撮ってみましたよ!



冷た~い! しかもキャン玉がピリピリ!!

このピリピリ感は宮崎の湯の元温泉以来。

こいつは効きます(笑) 湯口からは間欠泉のようにゴボゴボ湧き出しておりました。

DSC06166.jpg


入口に飲泉所もあり、まさにサイダー! シュワシュワです。

DSC06148.jpg

おしゃれな階段でした。 半地下にはずれなしの明言のごとく素晴らしい温泉すわ。

それでは宿泊利用でしたので夕食のレポです。

DSC06151.jpg

飛騨牛の朴葉味噌焼き。 これは絶品でした!

DSC06152.jpg

ヤマメの塩焼き。

DSC06153.jpg

自家製どぶろく。

DSC06154.jpg

前菜セット。

DSC06155.jpg

蕎麦がき。

DSC06156.jpg

イワナの塩焼き。

DSC06157.jpg

自家製の手打ちそば!! これが絶品ですよ!

DSC06158.jpg

ご飯がまた美味しい! コシヒカリです。

いや~全て美味しい夕食でございました。

その後特別に女性の湯も入らせていただきました。

DSC06159.jpg

こちらは新しく作ってある感じです。 残念なのは源泉浴槽が無いんですね~。

これは女性にとっては不利でしょうか。 新しく作っていただきたいものです。

ぐっすり寝た後は朝食です。

DSC06160.jpg

DSC06161.jpg

朴葉みそとシイタケがたまりません。

DSC06162.jpg

鮎の一夜干し。

DSC06163.jpg

出し巻き卵。 とても美味しい朝食でした!

温泉良し!料理良し!景観良し!

これで一泊二食一万円以下は泊まるしかないでしょ!! 

  1. 2016/12/12(月) 21:51:38|
  2. 岐阜の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ村ランキング参加中!

    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村