最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~

現在盛岡市に住んでいます。 各地の温泉巡り中心のブログです。

九州温泉道シリーズ~鹿児島編~ 隼人温泉 浜之市ふれあいセンター富の湯

最後の鹿児島編は霧島市に戻りました。

DSC04010.jpg

隼人温泉 浜之市ふれあいセンター富の湯です。

こちらも日帰り温泉施設ですね。霧島市でも結構街の中にある温泉です。

営業時間も9時から22時と長め。 これは重宝しますね~。

産直も隣接している施設です。 こういう温泉が多くなってきましたね。

それでは温泉レポ。 

DSC04012.jpg

二つある浴槽は「ややあつめ」と「ややぬるめ」の温度。 この「やや」が何とも言えない(笑)

たしかに「ややあつめ」は44度くらいか。 「ややぬるめ」は42~1度ほど。 絶妙な温度であります。

泉質はナトリウム-塩化物泉。 笹濁りの湯はかなりの強塩泉であります。

金気臭と強烈な塩味。 まさに強塩泉の典型的な特徴です。

あつめの湯でかなりヤラレテしまいました。 疲れたときにはたまらん一湯かと。

スポンサーサイト

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

  1. 2017/11/22(水) 20:28:52|
  2. 鹿児島の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九州温泉道シリーズ~鹿児島編~ 鹿児島温泉 城山長寿泉

今回も鹿児島市から。

DSC04044.jpg

鹿児島温泉 城山長寿泉です。

西郷隆盛洞窟の有名な城山の目の前にあります。 観光地なんですね~。

せっかくだから見てくればよかったかな。

こちらも日帰り施設なのであります。

さっそくお風呂レポですね。

DSC04047.jpg

浴槽は長方形のものが手前に、岩風呂が奥にあります。

手前は人が入ってましたので岩風呂のみ撮影。

お湯は結構熱めなんですよね~。泉質はナトリウムー炭酸水素塩泉です。純重曹ですね。

無色透明であまり匂いも感知できず。 浴感は重曹泉らしくツルツルです。

本当に九州に多い泉質ですね。 

鹿児島市内にありながらみごとな湯使い。 ここは市内に住んでてひとっ風呂浴びにいくなら最高ですね!

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

  1. 2017/11/20(月) 17:50:41|
  2. 鹿児島の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九州温泉道シリーズ~鹿児島編~ 大黒温泉

今回は鹿児島市から。

DSC04039.jpg

大黒温泉です。

こちらも日帰り施設というか温泉銭湯になります。

完全かけ流しは鹿児島市内でも珍しいのだとか。 

さっそくお風呂レポです。

DSC04041.jpg

DSC04042.jpg

中央にどーんと浴槽があります。 ドバドバの湯量もたまりません。

DSC04043.jpg

古い分析表もありました。 分析表には単純温泉で無色透明無味無臭とありましたが、ほのかなタマゴ臭が感知できました。

こちらも浴感はツルツル。 しかし九州にはツルツル系のお湯が多いですね~。

美肌になりそう(笑) 近くにこんなドバドバ&ツルツルのサッパリ湯があったら毎日入りたい。

そう思わせてくれるような温泉でした。

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

  1. 2017/11/18(土) 20:02:23|
  2. 鹿児島の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九州温泉道シリーズ~鹿児島編~ 船津温泉

今回は姶良市にあります。

DSC04037.jpg

船津温泉をレポ。

こちらは日帰り施設で1分間に1トン湧出する湯量が豊富な温泉施設。

結構立派で大きい施設でもあります。

それでは温泉レポです。

DSC04038.jpg

内湯は人がたくさんでした。 ですので露天風呂のみ写真掲載いたします。

泉質は単純温泉です。 湯量豊富な施設だけあって、お湯も新鮮そのものでした。

無色透明無味無臭でしたが、しっとりした浴感はありました。

大規模施設でこの湯づかい。さすが鹿児島と思わせる一湯でした。

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

  1. 2017/11/16(木) 19:04:11|
  2. 鹿児島の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九州温泉道シリーズ~鹿児島編~ 紫尾温泉 旅籠しび荘

九州温泉道 鹿児島編 続いてはさつま町から。

CIMG1117_20170805125025d94.jpg

CIMG1108_20170805125022f7a.jpg

紫尾温泉 旅籠しび荘です。

ここも日帰りで利用しましたが、とにかくお湯がgood!

露天風呂もあるらしいのですが、お湯が入っておらず内湯のみ入浴。

CIMG1112.jpg

こちらは二源泉使用とのことです。 泉質は単純硫黄泉です。

やや熱めで、けっこうなタマゴ臭がします。 浴感が素晴らしく、本当にツルッツルです。

PH9.4もあるのでこの浴感なのでしょう。 

そしてもう一つの浴槽がこちら。

CIMG1111_20170805125024d5e.jpg

先ほどの浴槽とは別源泉になります。

グリーンなお湯がとても素敵ですね!こちらはぬるめでゆっくりできます。

本当に極上のお湯とはこのこと。 やわらかいお湯はしっとりと体中を包んでくれます。

今度は宿泊して思う存分味わいたい、そんな思いにさせてくれる一湯でありました。

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

  1. 2017/11/14(火) 12:50:56|
  2. 鹿児島の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ村ランキング参加中!

    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村