最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~

現在盛岡市に住んでいます。 各地の温泉巡り中心のブログです。

ここはただのボロじゃない!那須の珍湯。 老松温泉 喜楽旅館

みなさまご存じ!

廃墟マニアもびっくりの老松温泉 喜楽旅館です。
DSC05468.jpg

入口には那須の珍湯の石碑が!確かに珍湯ですが・・・。

DSC03014_20151222225757a3f.jpg

こちらで受付のおじさまにお金を払います。

そして後ろを振り向いてみると・・・。絶句・・・。

DSC05469.jpg

廃墟というか、崩壊してます(笑)

不安になりながらお風呂へ!

DSC05470.jpg

DSC05472.jpg

男女別の内湯です。 雰囲気抜群でお湯もいいんですよね!

硫黄泉では那須湯本ではめずらしくアルカリ性なんです。

やわらかい湯は肌にやさしい感じです。

湯本の鹿の湯等、酸性で刺激をうけたお肌をリセットするにはもってこいの温泉かもしれません。

ここは朽ちた建物も名物ですが、お湯も一級品。まさにただの珍湯ではなかったですね!!
スポンサーサイト
  1. 2016/03/26(土) 21:18:47|
  2. 栃木の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドバドバな天狗の名湯! 北温泉

今回も栃木シリーズ!

DSC02951.jpg

栃木県は那須町湯本の一番奥北温泉です。

DSC02953.jpg

木造りがすごくいい雰囲気のお宿です。歴史を感じさせますね~。

歴史は160年ほどあるみたいです。タイムスリップしたみたいな感覚になります。

ここは日帰りで利用したのですが、お風呂が超ド級のインパクト!!

こちらです。

DSC02955.jpg

二つの天狗が見守る「天狗の湯」です!(混浴)

単純温泉であり、無色透明、若干鉄分を感じました。

浴感は素晴らしいの一言。やっぱりドバドバはお湯の鮮度も最高!たまらんす。

DSC02956.jpg

見てください! このドバドバ!!

その他ぬる湯、うたせ湯、男女別内湯などあるみたいです。

露天風呂は見学しました。こんな感じです。

DSC02961.jpg

川を見ながらの入浴はマイナスイオンたっぷりでリラックスできることでしょう。

もちろん湯量も豊富であります。

湯量豊富さを象徴するのが、「温泉プール」です!

DSC02963.jpg

しかし、残念ながら湯は張られていませんでした。

ここは泊まってじっくりお湯を味わいたい。そんな気分にさせてくれる名宿でした。

いつか泊まりに来たいなぁ~~。
  1. 2016/03/21(月) 20:29:10|
  2. 栃木の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼怒川で湯使い随一の施設! 仁王尊プラザ

さてさて栃木シリーズっす。

DSC03094.jpg

今回は鬼怒川温泉の仁王尊プラザです。

見た目はマンションか!?と思うような外観。

鬼怒川温泉というと大規模旅館で、塩素循環、加水加温が当たり前。そんなイメージが勝手についてましたが、

ここの施設は違いましたね!!

DSC03092.jpg

こんな声が思わず出ちゃいます。 本当にいい湯すよ。

まずは岩の内湯から。

DSC03089.jpg

美しい透明湯がかけ流し。泉質は含硫黄・ナトリウム - 硫酸塩泉・塩化物泉です。

ちょっとつるつるする感じもします。

PH9.7もあるのが効いてるんでしょうか。ちょっと硫黄の香りのするお湯は絶品すね!

そしてここの名物「屋形船露天風呂」です。

DSC03077.jpg

これぞ湯船!船がそのままお風呂になってるめずらしいもの。

もちろんこちらもかけ流し。泡付きも抜群で鮮度良し!

ぬるめのお湯はたまらなく、長湯してしまいますよ。

最後に混浴露天風呂の舞台の湯です。

DSC03087.jpg

こちらは混浴で水着着用のようです。

水着持ってなかったのでタオル一枚でしたが・・。(水着着用知らなかったんすよマジでww)

DSC03086.jpg

おしゃれ&鬼怒川の景色は圧巻。ここもいい露天風呂っすね!

DSC03091.jpg

なぜかネコちゃんが一杯いる施設でした。

鬼怒川方面へ行く際はここのお湯は訪問必須でしょ!!
  1. 2016/02/17(水) 20:31:07|
  2. 栃木の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒色&鶯色の幻想的な温泉!  塩原元湯温泉 大出館

今回からはちょいと栃木シリーズです。

DSC05465.jpg

塩原元湯温泉 大出館です。

こちらは日帰りで利用しましたが、さすがの提灯宿(日本秘湯を守る会)です。

極上湯を味わうことができます。

内湯、家族風呂、混浴墨の湯、と様々な温泉があるんですよね。

まずは内の湯「御所の湯」から。

DSC05459.jpg

DSC05462.jpg

二つの内湯は鴬色のきれいなお湯ですね~。テンションも上がります。

泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉です。

香りは硫黄臭がガッツリきます。また味がすごいんすよ!

ゴム+硫黄+強烈な苦味。こんなまずい温泉始めてです。さすがに飲めません。

すぐに吐き出してしまいました(笑) 良薬口に苦しとはこのことか。とても効果がありそうな温泉です。

あとは露天風呂です。

DSC05460.jpg

DSC05461.jpg

景色もいいし、お湯も幻想的。素晴らしい温泉ですねここは。

最後に「墨の湯」をご紹介

DSC05464.jpg

DSC05463.jpg

こちらは泉質も同じなのになぜか真っ黒。硫黄泉で真っ黒なのは初めてです。

しかし不思議ですね~。味は御所の湯と一緒でとてもまずかったです。

皆さんも一度で二度美味しい&泉質も抜群な塩原トップクラスのお湯をぜひご堪能あれ!!
  1. 2016/02/14(日) 17:51:36|
  2. 栃木の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

この鄙び具合&硫黄は抜群です! 那須湯本温泉 雲海閣

去年ではありますが、栃木遠征した際に立ち寄ったのがこの温泉です。

1231.png

那須湯本温泉 雲海閣です。

こちらはあの熱い湯で有名な「鹿の湯」からの引き湯だそうで。硫黄泉期待できますね~。

さっそくGoです!

DSC02999.jpg

こんな階段を下っていきます。

右側の明礬泉から行ってみます。

DSC03001.jpg

残念ながらお湯は貯まっていませんでした。ですので入浴できず。

奥の沢噴気泉を引いているとのこと。

このお湯も次回の訪問の課題かもしれません。

ではメインの硫黄泉へ。

DSC03005.jpg

雰囲気のある脱衣所です。たまりませんね~。

DSC03003.jpg

こちらが成分表です。

鹿の湯・行人の湯混合源泉で

泉質は酸性-含硫黄-カルシウム-硫酸塩・塩化物泉です。

ではメインへ。

DSC03008.jpg

ここのお湯本当に鮮度がいいのがわかります。熱めとぬるめの設定もたまらんす。

なめると苦み&酸味って感じでした。もちろんいい香りの硫黄臭。

入浴していた地元のおじさまと話していると、議員さんなんだとか!? 

こちらの湯がとても気に入っているとのこと。わかりますよ~!

議員の先生もお気に入りの鄙びた雰囲気といい、お湯といい絶品な温泉でした。



  1. 2015/04/01(水) 22:41:06|
  2. 栃木の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ぬま

Author:ぬま
岩手県盛岡市在住。
盛岡の会社に勤務。
血液型A型。 おうし座。
好きな食べ物
麺類全般・魚・肉・酸っぱい系
嫌いな食べ物 
あんこ・チョコ等甘いもの
趣味
競馬・釣り・温泉めぐり・食べ歩きetc....
好きな温泉
MT芒硝、緑の硫黄泉、炭酸泉、ヌル湯。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する