FC2ブログ

最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~

現在盛岡市に住んでいます。 各地の温泉巡り中心のブログです。掲載している写真は撮影許可を得たものか撮影禁止になる以前に撮影したものです。

もっけだの庄内MT湯シリーズ~あつみ温泉 あさひや編~

さて今回もあつみ温泉から。

DSC03655.jpg

あつみ温泉 あさひやです。

昔ながらの和風旅館で、歴史も感じます。

とても落ち着いた雰囲気で、まったり過ごしましたよ。

今回は素泊まりで利用しました。 日帰り入浴も可能です。

さてそれではお風呂レポ。

IMG_0443.jpg

半円の形がとても美しい。 きれいなMT泉です。

こちらも共同浴場と同じ、5号・6号・7号源泉です。

やはり薄塩味と石膏臭。 こちらはそこまで熱く無く、43度~44度でした。

それでも熱いと感じる方は加水もできるので、水で埋めても良いかもしれません。

なぜかすごく落ち着くお風呂で、ついつい長湯してしまいましたね。

またゆっくり宿泊してみたいものです。

追記どうやら廃業したようです。残念でなりません。
スポンサーサイト

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2019/03/25(月) 18:06:54|
  2. 惜別の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぬるめ極上の芒硝泉! 湯田川温泉シリーズ~たみや旅館編~

湯田川温泉シリーズお次はこちら。

DSC05339.jpg

たみや旅館です。

こちらも歴史ある佇まい。 これぞ和風旅館。やっぱり温泉はこうでなくては。

明治や大正にタイムスリップした感じ。素晴らしいですね!

DSC05338.jpg

お風呂は結構広めです。 正面湯よりも広いかな~。

広めのお風呂もとても気持ちが良いですね!

湯田川1号泉の湯は相変わらず、素敵に掛け流されています。

芒硝系の香りで満たされ、湯切れの良い素晴らしい浴感。

こちらは宿泊で利用しました。 夜は浴室も暗めでゆっくり過ごすことができましたね。

さてこの「たみや旅館」湯田川温泉の公式HPにも載っていません。

もしかしたら廃業したのでしょうか? 詳細を知っている方はコメントくださるとありがたいです。

よろしくお願いします! 今週あたり現地調査してきますが。

調査結果追記です。 2018年秋ごろ廃業されたそうです。

う~む残念ですね。


テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2019/03/03(日) 20:49:01|
  2. 惜別の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塩原温泉シリーズpart17!塩釜温泉 ホテル塩原ガーデン

塩釜エリアから一湯。

DSC05430.jpg

塩釜温泉 ホテル塩原ガーデンです。

※2016年9月20日を持って閉館しました。

結構大きなホテルです。昭和期の建物でしょうか?レトロな感じがします。

こちらも日帰りで訪問。

さっそくお風呂レポ。

DSC05432.jpg

DSC05434.jpg

どどーんと大きな浴槽が二つ。

しかも激熱! まじすか(^_^;) 片方は入れないくらい。

泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉。

塩味と若干の金気臭。 

露天も二つありました。

DSC05436.jpg

DSC05438.jpg

茶色の露天風呂と透明なものが。こちらは適温。

茶色の方は金気臭が強かったです。

二つの源泉?を味わえ、お湯の使い方も良かったのですが、閉館したそうです。

あの内湯の熱さでは誰も入れないですよ。 管理も行き届かなかったんすかね?

2015年の年末に訪問後廃業らしいです。だから早くレポしろ!!って言わないで(^_^;)

のんびりアップしていきますのでご容赦ください。m(__)m

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2018/12/24(月) 14:59:23|
  2. 惜別の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳴子温泉郷シリーズ~惜別の温泉~ 東蛇の湯

鳴子温泉郷 惜別の温泉シリーズは中山平温泉から。

IMGP0952_20170805194241d7b.jpg

IMGP0943_20170805194234b70.jpg

東蛇の湯です。

こちらは鳴子ラドン温泉のお隣でした。

東日本大震災で甚大な被害を被り、見ての通りかなり倒壊しました。

震災直後の夏に訪問し、日帰りだけやっていた状況です。

「中はボロボロだけど・・。」と言いながらもご入浴させていただきました。

これから間もなく廃業し今は跡形もありません。 これだけ建屋が倒壊しては仕方ないですね。

それでは温泉へ。

IMGP0946.jpg

IMGP0944_2017080519423634d.jpg

内湯は二つあり、混浴になっていました。

色は無色透明で、含硫黄-ナトリウムー炭酸水素塩・硫酸塩泉です。

結構熱めだったと記憶しております。 ニュルニュルは絶好調でこれぞ「うなぎ湯」といった感じ。

続いて露天風呂です。

IMGP0950_2017080520395715d.jpg

IMGP0951_20170805194239d56.jpg

こちらの方が適温で入りやすかった記憶です。

川を見ながらの露天風呂は最高でした! こんな良い湯がもう入れないとは・・・。

本当に残念でならない。そんなお宿でした。

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

  1. 2017/10/15(日) 20:36:37|
  2. 惜別の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳴子温泉郷シリーズ~惜別の温泉~ 鳴子温泉 福の湯

またしても大変残念ながら閉業してしまった温泉です。

DSC04373.jpg

DSC04374.jpg

鳴子温泉 福の湯です。

こちらは鳴子の温泉街では無く、江合川を渡った先にあります。日帰り専用の施設でありました。

ところが2016年の年末に訪れたところ、閉業の貼紙がしてありました・・・。

では素晴らしかったお風呂レポです。

「湯治の湯」です。

DSC04370.jpg

湯治の湯は「末永の湯1号泉」でナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉です。

掛け流しと循環併用でしたがオーバーフローも多く、温度調節とごみ取りでしょう。 湯使いは良いです。

色は無色透明です。若干の石膏臭が感知できました。結構熱めでビリビリした浴感。

お次は名物「炭酸泉」です!

DSC04371.jpg

炭酸泉は「大畑1号泉」で含二酸化炭素-カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉です。

含二酸化炭素は珍しいです。 味も炭酸味、金気臭がします。

温度も38度とぬるく、ずーっと入っていられます。ここの炭酸湯は大好きでした!

DSC04369.jpg

下から注がせているので泡つきもすごい! 九州に行かなくても炭酸泉が味わえたのに残念でなりません。

ぬる湯&炭酸泉はまさに私の好みであります。

DSC04372.jpg

最後におまけで露天風呂もあります。 こちらは湯治の湯と同じく「末永の湯1号泉」使用。

温度もぬるくずっと入っていられます。 

こんな良い施設だったのに・・・。復活しないかな・・・。

テーマ:温泉 - ジャンル:旅行

  1. 2017/10/13(金) 20:31:01|
  2. 惜別の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

下風呂温泉の歩き方

下風呂温泉の応援ページです。クリックお願いします!

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ村ランキング参加中!

    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村