最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~

現在盛岡市に住んでいます。 各地の温泉巡り中心のブログです。

今日は忘年会です! 鬼首温泉 ペンションON THE ROCK

岐阜レポも残すところあと一湯ですが、今日は忘年会で宮城は鳴子温泉郷の鬼首に泊まっております。

いつも過去の記事ばかりですので、今回はタイムリーにあげてみようと思います。

写真 2016-12-30 8 12 37


写真 2016-12-29 21 22 41

温泉付きペンションであります、鬼首温泉 ペンションON THE ROCK です。 

こちらはフライフィッシングで有名なペンションさんだそうです。

写真 2016-12-29 23 30 48


釣り好きの私ですが、フライはやらないんだよね~。 釣りのガイドもしてくれるみたいです。

実は温泉付きのペンションは初めて宿泊だったのですが、これはハマリますね~。

まずは夕食から

写真 2016-12-29 18 21 08

これがペンションの醍醐味です。

写真 2016-12-29 18 21 24

エビも美味かったのですが、やはり地元産のニジマスでしょう!

水がいいのか癖が無く、脂がのってGood! 

写真 2016-12-29 18 21 27

こちらはチキンソテーのワサビソースです。 ワサビの辛みと鳥の甘みが見事なマッチング!

美味しくいただきましたよ。

こだわりの料理が低料金で楽しめるこれぞペンションの醍醐味でしょう。

さっそく温泉へ。まずは分析表から。

写真 2016-12-29 21 24 06

ということです。そして温泉はこちら。

写真 2016-12-29 21 23 33

温泉の甘い香りが香ってきます。 ぬるければ源泉を流せばドンドン出てきます。

ぬるめ&熱めを豊富な湯量で選択できます。 こりゃーたまらんです!

そして朝ごはん。

写真 2016-12-30 7 27 13

こちらもとっても美味しくいただきました。コスパも最高です。(税込二食付き8200円)

釣り好きはもちろん、温泉好きも十分に満足できるペンションでした~。



スポンサーサイト
  1. 2016/12/29(木) 22:08:23|
  2. 宮城の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

濃厚湯を持つ巨大な湯治施設! 鳴子温泉 農民の家 

みちのく紅葉シリーズも今回で終わり。またまた鳴子から。

鳴子温泉 農民の家です。 

DSC05899.jpg

巨大な施設です。農民の家だけあって、農協が経営しております。

もちろん組合員じゃ無くても宿泊&日帰りOK! 組合員だと安く泊まれます。

岩手県の組合員でも安く泊まれるのかな~?無理か・・・。
 
稲刈りが終わると疲れをいやしに長期滞在するんですね~。これがいわゆる「湯治」です。

冬の厳しい時期は農作物が作れませんから。 この東北の湯治文化がとても好きですし、

東北人としてはやっぱり心と体に染みる温泉なんですよ。

しかしここのお湯も相当パンチあります!

DSC05897.jpg

泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉です。

味も若干の塩味と苦味が混じって、とにかくまずいですww ガツンとした硫黄臭もたまりません。

しかし良薬口に苦しでしょうか、飲まなくても入浴で効果抜群でしょう。

こりゃ相当パンチある湯ですよ。長湯は厳禁ですね!

この混浴硫黄泉のほかに、男女別のやすらぎの湯、桧の湯もあります。

凄いのはそれぞれ源泉が違うんですね~。 おそるべし鳴子&農民の家!

最後にこちらの名物「炭酸泉」へ。

DSC05895.jpg

こちらも混浴であります。 きれいなご婦人が入ってこられてビックリしましたよ。

こんな小さな浴槽にみんなギュウギュウで入っておりますw

泉質は単純温泉で27度ほどのぬる湯というよりは冷たいお風呂。

単純温泉ながら二酸化炭素の存在ははっきり分かるものでした。

金気臭と泡つきが見られます。 味も若干の鉄味。こりゃ~いいですね!

冬には農家の父さん、母さんで混雑必死なんだろうな~。

以上 巨大な湯治施設のレポでした。

  1. 2016/10/31(月) 23:48:30|
  2. 宮城の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コテコテ析出物の隠れた名湯。 鳴子温泉 村本旅館

今回も鳴子レポ。 鳴子温泉 村本旅館です。

こちらも江合川の向こう側です。

DSC05894.jpg

写真でもおわかりの通り、日帰り施設の福の湯のお隣です。

福の湯は何度か訪問していたのですが、ここは知りませんでした。

温泉仲間のレポートで知りました。 はっきり旅館って書いてるのに。

まだまだ鳴子制覇には遠いですね~。

さっそくお風呂へ。

DSC05890.jpg

旅館部とは離れた向かい側に浴槽があります。

DSC05892.jpg

こんなにコテコテの析出物が!

泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉です。

若干のアブラ臭&土類系の香りがします。しっとり肌になじむような浴感。味も若干の甘み程度。

そんなにパンチのある湯には感じませんでした。

こんなにいい湯があるのを知らなかった私。 隣は炭酸泉等の福の湯とこんなに違うのか。

さすが鳴子ですね!静かな環境であり、ゆっくりお湯を堪能できる温泉でした!
  1. 2016/10/29(土) 15:33:42|
  2. 宮城の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

熱めのグリーンな温泉! 川渡温泉 板垣旅館

今回は鳴子温泉郷でも川渡温泉から。 川渡温泉 板垣旅館です。

DSC05884.jpg

ここも本当にアットホームな感じです。だから鳴子、川渡はいいですよね~。いいお宿が満載です。

ここは日帰りで利用しました。

さっそくお風呂です。

DSC05881.jpg

DSC05882.jpg

エメラルドグリーンでキレイなお湯です。

泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉・硫酸塩泉です。

ふんわり香る硫黄臭、フレッシュで熱めのセッティング。

黒と白の湯花も舞います。すごくシャッキリする温泉でした。

ここはいい湯でした~。 改めて鳴子温泉郷のレベルの高さを実感したとともに、

川渡が一番好きじゃないかと感じた一湯でした。
  1. 2016/10/27(木) 21:56:37|
  2. 宮城の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

激安宿泊&二種類の源泉はとってもお得! 赤這温泉 阿部旅館

今回からは宮城県は鳴子レポ。最強の温泉エリア鳴子です。

鳴子の江合川の向こう側にある旅館です。

赤這温泉 阿部旅館です。

紅葉シリーズでありますが、鳴子峡の紅葉は今が絶好調でしょう! 土日は大混雑必死かww

しっかし東北は山ばかりなので、紅葉スポットが多すぎる。

はてさてさっそくお宿へ。

DSC05916.jpg

DSC05917.jpg

非常にアットホームな雰囲気であります。こういう宿って本当落ち着くんですよね!

女将さんはじめ美人若女将の人柄の良さもGoodです。

しかし!ビックリなのは料金設定。な、なんと素泊まり3,000円二食付きでも6,500円!!!

料理も結構ボリュームあって美味しいらしいです!う~ん二食付きもいいかも。

ここは温泉マニアも人気のお宿というのもうなずけます。

あとここ、冬はコタツあるんですよ~。温泉入ってコタツ酒飲んで。贅沢ですな~。

コタツで「廃人」決定ですねww

というわけで後は温泉レポ。内湯が二つありまして、「男」「女」「貸切」の設定ができます。

まずは奥の浴槽から。

DSC05909.jpg

泉質は単純温泉でありますが、金気臭と鉄というか炭酸味というか。

いや~いいお湯です。キシキシ感もあるお湯。自分はこっちの方が好きです。

そして手前の浴槽へ。

DSC05911.jpg

泉質は含硫黄-ナトリウム-炭酸水素泉でアブラ臭というかゴム臭といった方が正しいでしょう。

独特な香りがします。奥の方が濁っていますね~。 こちらもいいお湯です。

二つとも全く性質の温泉です。凄いですよ。これも鳴子ならではでしょうか。

ブログ書いてると、泊まってコタツでゆっくりしたくなってきましたww

さあ鳴子の湯めぐりへレッツゴー!
  1. 2016/10/26(水) 23:22:44|
  2. 宮城の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ぬま

Author:ぬま
岩手県盛岡市在住。
盛岡の会社に勤務。
血液型A型。 おうし座。
好きな食べ物
麺類全般・魚・肉・酸っぱい系
嫌いな食べ物 
あんこ・チョコ等甘いもの
趣味
競馬・釣り・温泉めぐり・食べ歩きetc....
好きな温泉
MT芒硝、緑の硫黄泉、炭酸泉、ヌル湯。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する