FC2ブログ

最高な岩手の日々 ~ぬまの気ままな湯めぐり日記~

現在盛岡市に住んでいます。 各地の温泉巡り中心のブログです。掲載している写真は撮影許可を得たものか撮影禁止になる以前に撮影したものです。

もっけだの庄内温泉シリーズ ~小林温泉編~

庄内温泉シリーズはこちらで最後です。 庄内で入った温泉があれば追加していきますが。

IMG_1362.jpg

酒田市にあります小林温泉です。

酒田と言っても市内ではなく、結構郊外の山奥にあります。

見た目は公民館みたいですが・・・。 何と宿泊も受け付けております。

ではお風呂へ。

IMG_1359.jpg

IMG_1360.jpg

こちらは冷鉱泉で加温循環しておりますが、画像の通り源泉を投入できます。

その源泉をチェックするともうニンマリです。硫黄臭と硫黄味。

そして、超ニュルニュル!! 泉質は含硫黄-ナトリウム・炭酸水素冷鉱泉です。

分析表も載せておきます。

IMG_1361.jpg

炭酸水素イオンが126ミリもあります。 やはりニュルニュルの原因はこちらかと。

冷鉱泉でも素晴らしいお湯って一杯ありますね!

こちらもその代表格かと。 マニアなら一度は訪問すべき温泉かと。

スポンサーサイト



テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2019/07/22(月) 23:29:56|
  2. 山形の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっけだの庄内温泉シリーズ ~悠々の杜温泉アイアイひらた編~

今回は酒田から。

IMG_1269.jpg

悠々の杜温泉アイアイひらたです。

立派なセンター系ですが、ここの温泉はすごい!

一見塩素バリバリの循環浴槽が待っているかと思いきや・・・。

IMG_1265.jpg

IMG_1266.jpg

内湯は人が満載でしたので、露天のみの画像です。

こんな真っ黄色な温泉もめずらしい! 

内湯は循環ですが、露天風呂はかけ流し。

泉質はナトリウム-塩化物強塩泉です。ガツン系のお湯です。

もうベッタベタします。 溶存物質総量30,000超えはすごい。

香りは臭素系でしょうか。日本海側にありがちな強塩泉系です。

IMG_1267.jpg

温泉分析表も載せておきます。

酒田市を訪れた際は、外せない強烈なお湯でした。

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2019/07/21(日) 11:24:21|
  2. 山形の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっけだの庄内温泉シリーズ ~ギャラリー温泉町湯編~

今回は鶴岡市の東、庄内町から。

DSC05333.jpg

ギャラリー温泉町湯です。

こちらのコンセプトは

町湯は、建築、温泉、サウナ、ギャラリー、食堂、人とそれぞれにこだわりを持っています。
これらを集めた町湯で体を休め、ゆったりとした時間を過ごしていただく。
町湯は、皆様に上質のくつろぎを体感していただく事を目指しています。

だそうで。とてもおしゃれでモダンな施設でもあります。

DSC05330.jpg

本や絵、食堂まで併設しており十分ゆったりくつろげる施設であります。

設計は東北公益文科大学大学院特任教授の高谷時彦氏。町屋を意識したそうで。

DSC05324.jpg

DSC05331.jpg

中庭や暖簾までオシャッレ~。

ロゴもかなりこだわりがあるみたいです。

DSC05320.jpg

DSC05323.jpg

内湯と露天風呂がありました。泉質はアルカリ性単純温泉で茶褐色をしておりますが、あまりモール臭は感じられませんでした。

ほぼ無臭で、味もほとんど感知できません。非常にアッサリしたお湯です。

つるつる感は少しあります。このお湯なら毎日入っても飽きが来ないお湯ですね。

分析表も載せておきます。

DSC05326.jpg

DSC05325.jpg

温度が低く加温してありますが、かけ流し。 贅沢な湯使いであります。

夜も22時まで営業しており、この地域の公衆浴場的役割を担っている感じがします。

自分の近くにもこんな施設できないかなww

さすが山形県。非常に温泉レベルの高さを感じた一湯でした。

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2019/07/11(木) 18:38:12|
  2. 山形の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっけだの庄内温泉シリーズ ~なの花温泉 田田編~

庄内シリーズはまだ続きます。 鶴岡市を抜けまして「三川町」から。

DSC03938_2019032216082170f.jpg

なの花温泉 田田です。

こちらは道の駅「マイデル」に併設している宿泊もできるセンター系の温泉施設です。

DSC03935.jpg

大浴場は男女入れ替え制で、岩の湯と石の湯があり、この日は石の湯でした。

大浴槽はナトリウム-塩化物泉で若干黄色みがあり残念ながら加温循環利用。

DSC03936.jpg

こちらの小浴槽がとても秀逸でありました。

かけ流しであります。泉質も大浴槽とは違い、ナトリウム-塩化物強塩温泉です。

ヨード系なアブラ臭がし、とてもベタベタします。 これは強烈なお湯です。

DSC03937_20190322160820319.jpg

だそうで・・・。 みなさま長湯は厳禁ですぞww

こちらには宿泊で利用しました。 宿泊者は日帰り館のお風呂も入れます。

DSC03934.jpg

こちらが田田御膳だった気が・・・。レストランもありましたので、素泊まり利用で夕食はこちらで。

大変美味しく頂きました。素泊まりは4,500円程度でしたかね。 

DSC03933.jpg

そしてこちらが宿泊者専用風呂です! 

小浴場と同じ強烈な湯が入り放題。 日帰り館は人が多いためこちらでゆっくり過ごせます。

家族で来ても大満足間違いなしの温泉施設なのでした。

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2019/07/10(水) 18:40:20|
  2. 山形の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっけだの庄内温泉シリーズ 長沼温泉 厚生館

久々の投稿っす。由良温泉から続きまたしても閉鎖シリーズ(^_^;)

DVC00087 (2)

長沼温泉 厚生館です。

ガラケー時代に撮影したので画像が粗いす。

ここはばあちゃん一人で経営しておりました。源泉が供給されなくなり2015年頃閉業された模様。

DVC00086 (2)

DVC00085 (2)

加温循環ではありましたが、強烈なまでのクレゾール系アブラ臭。

ナトリウム-塩化物泉でしたが味も強烈で塩味と苦味が強烈でした。

今でも強烈に記憶に残るマニア向けの名湯でしたな。

長沼温泉はぽっぽの湯もあるので、アブラ臭を味わいたい方はぜひこちらへ


テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

  1. 2019/07/09(火) 21:44:04|
  2. 山形の温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

下風呂温泉の歩き方

下風呂温泉の応援ページです。クリックお願いします!

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ村ランキング参加中!

    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村